• うずらカステーラ

    うずらカステーラ

  • 人形焼 黒あん 顔形

    人形焼 黒あん 顔形

  • 人形焼 白あん つぼ形

    人形焼 白あん つぼ形

商品一覧を見る

120年 人形焼に心意気を込めて。紀文堂は創業明治23年。120年間守り続けた老舗の味をベースに、時代に合った甘さを加えた、名物人形焼や瓦せんべいが人気です。

今月の浅草観光情報

8月 浅草サンバカーニバル

浅草といえば「江戸下町情緒」というイメージがありますが、実は大の新しいもの好きなのが浅草っ子の気質。
明治時代には日本最初の映画館や、日本で初めてエレベーターを取り付けた12階建ての赤レンガビル「凌雲閣」、水族館、サーカスなど、浅草には他の町にはない新しい文化がどんどんと取り入れられてきました。また大正時代になると「大正オペラ」や「安来節」で賑わい、幅広いジャンルの音楽劇を生み出してきました。 歌って、踊って、楽しむサンバカーニバルと浅草の結びつきはすでにこの頃からあったのです。そうした背景のなか、昭和30年代後半から40年代にかけて、当時の内山台東区長と浅草喜劇俳優の故・伴淳三郎氏が、浅草の新しいイメージをつくるものとして、ブラジルのサンバカーニバルを浅草のお祭りとして取り入れることを提案。 これをきっかけに、浅草の商店連合会が主体となるサンバカーニバルが誕生したのです。さらに浅草観光連盟もカーニバル推進協議会に加わり、浅草サンバカーニバルは東京下町の夏を代表するお祭りのひとつにまで成長。現在では、出場するチームも全国区のものとなりました。

  • ご挨拶
  • ご購入の流れ